お葬式の常識と一風変わった葬儀の例

日本最大となる9階建ての屋内霊園も

韓国では土葬が主流でしたが、最近では火葬が増加しており、2004年〜2005年までの火葬件数が土葬件数を上回るようになった。もともと儒教の国である韓国は伝統的に火葬は、先祖に対する不孝であり、タブーとされていたが、現代の、特にソウル首都圏では墓地の迫害は、社会問題化し、ソウルはもとより、他の大都市圏では火葬が一般化されている。しかし、2007年の段階で、火葬場は、韓国全土に47カ所220炉程度にすぎず、火葬場不足が深刻になっている。また、過去に土葬されている遺体を再び火葬しているケースも増えていますが、改葬遺骨の火葬でドラム缶などを使用した不法火葬が跋扈し社会問題となっている。 納骨堂(のできないつどう)は、遺骨を保棺する建物である。納骨殿、霊堂などもある。日本では、通常の寺院の敷地に建っている。 内部は遺骨を入れた骨壺を保棺するロッカーの形態の納骨壇があり、上に位牌を安置する祭壇(仏壇)がついているものもある。 仏教に限定されず、神道、道教、キリスト教でも同様の施設が見られる。教団は、中央に本尊を安置している場合もある。 最近では、屋内霊園と呼ばれるマンション形式で、多数の納骨祭壇を設置する施設も増加しており、東京都は、日本最大となる9階建ての大規模なものもある。海外でも土地の少ない香港や台湾に大規模なものが建っている。 ご利用方法は、遺骨を墓を建てるまで一時的に保存する場合と、墓地に埋葬せず永久的に保棺しておく場合があり、祭壇の動く納骨壇がある人は、主に後者に使用されている。 日本の公営納骨堂寺院内に設けられたもので、他の自治体により建立された納骨堂が存在している。設置されている基準は、地方自治体によって様々である一般的な特徴は、歴史的に寺院がない貧しい村の厚生事業として確立されている例が、いわゆる同和地区同和対策事業に設置されている場合などが多く見られる。多くの仏教の形式である、地方自治体に応じて、神道の形式を提供している例もある。
[PR]
# by vaine111 | 2010-07-09 15:05